GANTZ:O ガンツ:オー

18:00〜 開場/18:30〜 上映
この不条理な大阪の街から生き残れるのか?
死んだはずの人間と謎の星人の壮絶な死闘を描く奥浩哉の人気コミックを原作に、
人気の高い「大阪編」がフル3DCGで映像化されたSFアクションアニメ劇場版!
東京と大阪のチームがタッグを組み、妖怪軍団との戦いに挑む!


2016/日本語/96分
2016年10月14日劇場公開

弟の誕生日、帰り道に地下鉄で通り魔の事故に遭った加藤勝。次の瞬間、加藤はマンションの一室にいた。
そこで同じように死んだはずの人間と出会い、「ぬらりひょんを倒せ」という指令をうけ、制限時間内に異星生物を全滅させるというゲームに参加させられる。
転送先は火の手のあがる大阪の街。すでにゲームに参加し、屈強な武器や乗り物を手にした大阪のチームとも遭遇した。加藤は「ギゼンシャ星人」と揶揄されつつも一般人を助けながら、たった一人の弟のもとへ還るため、東京・大阪のチームとともに、妖怪型の星人たちとの死闘を繰り広げていく。

【監督】さとう けいいち

監督プロフィール:さとう けいいち
1965年12月生。香川県出身。学生の頃は音楽系のビデオクリップのディレクターを目指していたが、お笑いに興味を惹かれてその世界に入るも、相方に置き手紙を残して逃亡され、その後に紹介されたテレビ局の仕事から、バラエティ番組の技術スタッフ、刑事アクションもののテレビドラマなどに関わった後、アニメーターの湖川友謙との出会いをきっかけにアニメの仕事に関わるようになる。初監督作品はOVA『鴉 -KARAS-』。2000年代には特撮にも関わり、キャラクターデザインなども担当している。Karasfilms株式会社 取締役/ディレクター。

関連記事一覧