墨の魔術師

12:00〜 開場/13:00〜 上映
養母への思慕 代表作への執着 少女への偏愛
書家が狂おしいまでに求めたものは、何だったのか!? 「書道界の鬼才」が赤裸々に描く、激動の半生!

2017年/日本語/

齢80を目前に控えた書道家の谷村玄斎は、筆一本で身代を築いたことに誇りを持っていたが、どこか虚しい思いも抱えていた。だがある日、東尋坊で出会った少女が玄斎を変える。裸身に最高の美を描きたいという欲望が芽生えたのだ。それは、赤貧の中で己を育ててくれた亡き養母への弔いの意味も持っていた…。
自身が著作した同名小説を元に映画化。書道家の谷村を金田石城が演じる初監督作品となっている。​第70回カンヌ国際映画祭・第74回ヴェネツィア国際映画祭出品作品。

【監督】金田石城

監督プロフィール:金田石城(かねだ せきじょう)
1941年生まれ。福島県いわき市出身。墨の魔術師と呼ばれ、東洋の伝統的書法である”墨”芸術の書を基盤とし、最もそれを現代的に表現する日本でも唯一の作家である。
その高い感性は、書・画・陶芸・きもの・写真・文筆とマルチ作家としての異彩を放っている。
その作風は、すべてに野趣に富み豪放大胆な表現力は、海外で最も東洋人としての存在感があると認知されており、テレビドラマ、映画等の題字なども数多く手がける。
全日本書道芸術院理事長、日本墨アート協会会長、ジャパン・インターネット書道協会会長

関連記事一覧